低金利の時代のアパート経営

低金利の時代のアパート経営

アパート経営を始める人が増えてきている理由の一つが金利です。


アベノミクスの政策の一環で大規模な金融緩和が行われていて、過去に例を見ない低金利の状態に抑えられています。

金利が低くなることによって、不動産市場に資金が流れこむのは今に始まったことではなくて、金利が低い時にはよく起こることの一つだと言えるでしょう。


その理由はいくつかあります。

まず、ローンを組みやすくなることが挙げられます。



アパート経営を始めるためには資金が必要です。


土地を取得して建築をする場合であっても、中古物件を購入する場合であっても、ローンで資金調達をするケースが多いです。

ローンを組めば利息を支払うことが必要となりますが、金利が低ければ利息の金額も安くなり、アパート経営によって利益を出しやすい傾向になります。

そのために、はじめようという人が増えると考えられるのです。

もうひとつは消去法的な考え方です。金利が低い状態では、銀行へ預けていても資産はほとんど増えません。

エキサイトニュースの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

銀行の通帳を見れば、過去よりも驚くほど利子が安いことに気がつくでしょう。

そのために、銀行預金では資産運用の効率が非常に悪くなってしまいます。
資産を増やしたいという人にとっては、他の方法を探さなければなりませんから、その一つの方法として不動産が注目されていると考えられます。



アパート経営なら高い利回りで運用できるために、キャッシュを溜め込んでいた人の中にはこれを機会にアパート経営を始めようという人も多くいるのです。

Copyright (C) 2016 低金利の時代のアパート経営 All Rights Reserved.